New City Art Fairに参加します!

フォイル・ギャラリーは、N.Y.で開催されるNew City Art Fairに参加します。
New City Art Fairは、今回が第1回目となる、日本のギャラリーによる現代アートのアートフェアです。

New City Art Fair
[URL]http://www.newcityartfair.com/
[日程]2012年3月9日-12日
[会場]hpgrp GALLERY NY (地図
[出展作家]梶井照陰、長野陽一、大橋愛

3月8日(木)5pm - 9pmには、レセプション・パーティーも開催されます。
当日は日本酒(沢の鶴 特別純米酒 実楽)の鏡開きを行うそうです。
※どなたでもご参加頂けます。(参加無料)

また、会期中には下記のような様々なプログラムイベントが開催予定だそうです。
(詳細はNew City Art Fairホームページをご覧下さい)
3月9日(金)
■Japanese Artists' Studio Visit:3pm - 5pm
ニューヨーク在住日本人アーティストのスタジオをシャトルバスに乗って回ります。
いつもは見られない作品制作の裏側をアーティスト自身から解説して頂きます。
アーティスト:篠原有司男、篠原のりこ、松山智一、斎木克裕、北出健二郎、古川文香、他
(参加無料)

3月11日(日)
■Talk Event: 1pm - 2pm
UCLAやアールハス大学、サセックス大学で教鞭を取り、現在はパリ政治学院にて教授を
務めるAdrian Favellによる新書『Before and After Superflat - A Short History of Japanese
Contemporary Art 1990 - 2011』の発行を記念した、日本の現代アートの真髄に迫る
トークイベント。(参加無料)

N.Y.近郊にお住まいの方、会期中N.Y.にお越しの方、ぜひ足をお運び下さい。
[PR]
# by foiltokyo | 2012-02-29 17:11 | FOIL GALLERY

『Illumimnace』@STUDIO VOICE ONLINE

川内倫子写真集『Illuminance』が、STUDIO VOICE ONLINEにて紹介されました。
飯沢耕太郎さんが書評を書いてくれています。
[PR]
# by foiltokyo | 2011-08-10 11:04 | パブリシティ

移転いたしました。

この度弊社は、8月1日に京都へと移転いたしました。

京都市内に新たにFOIL GALLERYをオープンする予定ですので、
下記はそれまでの仮事務所となります。
今後ともよろしくお願い致します。

有限会社フォイル/フォイル・ギャラリー


新住所/New Address
600-8029
京都府京都市下京区寺町五条上ル西橋詰町796京栄ビル502
TEL: 075-342-1771 FAX: 075-342-1772
796 #502, Nishihasizume-cho, Shimogyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 600-8029 JAPAN
TEL: +81-(0)75-342-1771 FAX: +81-(0)75-342-1772
info@foiltokyo.com
※書籍の注文等は京都までお願いいたします。


東京オフィス/Tokyo Office
150-0033
東京都渋谷区猿楽町26-13グレイス代官山A棟301
TEL&FAX: 03-3770-2655
26-13 A-301, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033 JAPAN
TEL&FAX: +81-(0)3-3770-2655
nakamura@foiltokyo.com
[PR]
# by foiltokyo | 2011-08-01 10:00 | その他

『Illuminance』@産経新聞

川内倫子写真集『Illuminance』、全国書店にて好評発売中です。
皆様、もうお手に取って頂けましたでしょうか。

さる6月16日、産経新聞にて書評を掲載いただきましたのでご紹介します。
b0170097_13233579.jpg

「イルミナンス(照度)」と名付けられた撮り下ろしの新作は、日米共同出版。作品集が5カ国で同時刊行されるというのが、写真家の注目度を示している。木村伊兵衛賞を受けたデビュー作『うたたね』から約10年。日々の断片を撮っているのも、中判カメラを使う正方形の画面も変わらないけど、視線はますます冴える。
 一枚一枚を眺めても画力はさすがの一言だし、写真の並べ方も絶妙で、文章でいうところの豊潤な“行間”を生み出している。「美しさ」と「はかなさ」にまつわる、言葉がないゆえに味わい深い物語。


今週24日(金)からは、出版を記念し、FOIL GALLERYにて展示が始まります。
今週26日(日)には、本書の刊行を記念して青山ブックセンター本店にて、
映画監督の是枝裕和さんとトークショー
も。(※定員に達ししたため予約は締めきらせて頂きました)

『うたたね』『花火』『花子』三部作で衝撃のデビューから10年。
その世界観を新たな高みへと昇華させた渾身の一冊、ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。
[PR]
# by foiltokyo | 2011-06-23 13:52 | パブリシティ

Facade@日経新聞

世界各地の建物の外壁や工事中のカバーに描かれた
本物そっくりの絵が実際の風景と混ざり合い、まるでトリックアートのように、見る者の目を欺く。
好評発売中のハン・スンピル写真集『Facade』が、5月22日の日経新聞書評にて紹介されました。
b0170097_18175920.jpg


超現実で知られるマグリットの絵が町に出現したかのような一枚。
世界各地の建物の外壁や工事中のカバーなどに描かれた“だまし絵”の写真集だ。
アパートの断面図が描かれたり、あるはずのない森や階段が現れたり、発想も技術もかなりレベルが高い。
目を凝らしても実景と虚構の境が分からないものもあった。
撮影地が記されていないので、絵を眺めつつ、お国柄を想像するのも楽しい。


ハン・スンピルさんは、8月に開催される横浜トリエンナーレ2011にも出品されます。
ぜひこの機会に手に取ってご覧ください!
[PR]
# by foiltokyo | 2011-06-01 18:18 | パブリシティ

川内倫子写真集『Illuminance』発売記念パネル展@スタンダードブックストア茶屋町店

4月末にオープンしたばかりのスタンダードブックストア茶屋町店にて、6月上旬発売の川内倫子写真集『Illuminance(イルミナンス)』の刊行記念パネル展が開催中です。カフェスペースの壁面でのパネル展開では、珠玉の作品を厳選。『Illuminance』の予約も受付中のようですので、ぜひ足を運んでみてください。パネル展と並行して、店内では川内さんの選書フェアも開催中。こちらもあわせてご覧下さいませ。
最後に当初5月中旬刊行を予定しておりました『Illuminance』ですが、6月上旬と刊行が遅れました事をお詫び申し上げます。(網野)

b0170097_14553050.jpg
b0170097_14564194.jpg

b0170097_1457092.jpg

[PR]
# by foiltokyo | 2011-05-26 15:00 | 書店まわり

新津保建秀×早見あかり『Spring Ephemeral Binaural-Scape 3.17』取り扱い開始しました!

大好評のうちに会期を終えた、新津保建秀×早見あかり「Spring Ephemeral」展。その展示が凝縮されたコンセプトブック『Spring Ephemeral Binaural-Scape 3.17』のFOIL WEBでの販売がスタートしました。限定2000部、ハードカバー、64P、表紙2種、1,680円となります。WEB販売の他、下記店舗でもお取り扱い中です。ぜひお早めにチェックしてみてください。(注:店舗によってはお取り扱いの表紙がAのみのところもございます)新津保さん、早見さんそれぞれのの今後の展開も気になります。

<お取り扱い店舗>
FOIL GALLERY
有隣堂ヨドバシAKIBA店
ジュンク堂書店池袋本店
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
青山ブックセンター六本木店
NADiff a/p/a/r/t
NADiff X10
gallery 5
NADiff 愛知
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店

b0170097_1444368.jpg

[PR]
# by foiltokyo | 2011-05-26 14:49 | 書店まわり

ブタとおっちゃんパネル展@ギャラリーアセンス美術・開催中です! 

皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか。
フォイルでは、現在京都で禅居庵×FOIL「明日はわからへん」展を開催中。連日多くのお客様で賑わっているようです。ご来場頂いた皆様、ありがとうございます。

そんな中、5月3日より大阪・心斎橋アセンス5Fにあるギャラリーアセンス美術にて、山地としてる『ブタとおっちゃん』パネル展が始まりました!
b0170097_1935178.jpg

なんと今回展示しているパネルの数は70点超!
大きく引き伸ばされた縦の写真、迫力たっぷりです。
b0170097_19393024.jpg

ご担当Kさん、ありがとうございます!

ほんとうに温かな気持ちになれる写真ばかりです。
ゆったりした空間で、ブタとおっちゃんの世界にぜひ触れてみてください。
--------------------------------------------------------------------

【会期】2011年5月3日(火)~5月23日(月) 会期中無休
【時間】10:00-20:00 (最終日のみ17:00まで)
【入場料】無料
【会場】ギャラリー アセンス美術 心斎橋アセンス5F
【問合せ】心斎橋アセンス Tel : 06-6253-0185

--------------------------------------------------------------------
[PR]
# by foiltokyo | 2011-05-06 19:54 | 書店まわり

Facade@TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

今月発売の新刊、気鋭の韓国人写真家、ハン・スンピル写真集『Facade』。
「Facade(ファサード)」とは、建物の正面、入り口、見せかけ、の意。建物の壁や、改修工事の為の囲いに描かれた絵画が現実の風景と混じり合い、トリックアートのように私たちの目を欺きます。

TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、特大パネルで展開中。
b0170097_198958.jpg

ご担当Yさん、ありがとうございます!

どこまでが現実でどこからが非現実なのか?
ぜひ一度店頭でご覧になってください。(大谷)
[PR]
# by foiltokyo | 2011-04-26 19:09 | 書店まわり

ブタとおっちゃん@日刊ゲンダイ

この度起きました東日本大震災におきましては、皆様のご無事を心より願うとともに、一日も早く被災地の復旧がなされることをお祈り申し上げます。

さて、昨日3月31日の日刊ゲンダイ夕刊にて、『ブタとおっちゃん』が紹介されました。
b0170097_17284924.jpg

慈しみながらブタを育てるおっちゃんの日々

 香川県の小さな町(詫間町=現三豊市)で養豚場を営み1200頭のブタと暮らす上村宏さんの日々を追ったフォトドキュメンタリー。
 氏の一日は朝3時半から始まる。ふんの掃除から餌やり、お産や去勢などの各種の手術、毎日のように生まれる子ブタの牙の切除や予防注射、そして午後の餌やりと、終日ブタの世話に追われる。夫婦2人だけで1200頭ものブタの世話をするのはかなりの重労働だ。
 カメラは、そんな仕事の合間にブタたちと過ごす氏の柔らかな表情を切り取る。子ブタに腕枕をしながら共に昼寝する姿や、群れの中でブタに寄り掛かって新聞を読む姿、時にはブタたちにギターを弾いて聞かせ、またある時はペットのように子ブタに引き綱をつけて連れ出し、海を散歩するなど。ビールを片手に、たばこの煙をくゆらせながら、ブタと共に過ごす氏の自然体の生き方そのものが作品からにじみ出ている。
 農林水産行政に携わっていた著者は、仕事を通じて知り合った上村さん一家のあまりに幸せそうな姿に魅せられ、定年退職後10年間、シャッターを切り続けてきたという。
 その言葉がうなずけるほど、ブタと一緒にいるときの氏はこれ以上の幸せはないという表情をしている。
 業界では餌やりからふん尿の処理まで機械化が進んでいるというが、上村さんは何よりも飼育過程でストレスを与えないよう、一頭ずつを見守り、のびのび大切に育てている。ゆえにそのブタは何度も農林水産大臣から表彰を受けるほどのおいしさだそうだ。
 ブタとおっちゃんの何とも言えない姿に自然と頬がゆるみ、やがて氏の達人のようなその生き方に人生の過ごし方の真髄を教えられる。  
 


震災後、何人かの読者の方から、「震災後、悲しいことばかりで沈んでいた心が癒されました」というお手紙を何通か頂きました。
 この本を手に取って、一人でも多くの方がそんな気持ちになってもらえたら、これほど嬉しいことはありません。ぜひ一度ご覧になってください。
[PR]
# by foiltokyo | 2011-04-01 18:05 | パブリシティ