<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『Illuminance』@産経新聞

川内倫子写真集『Illuminance』、全国書店にて好評発売中です。
皆様、もうお手に取って頂けましたでしょうか。

さる6月16日、産経新聞にて書評を掲載いただきましたのでご紹介します。
b0170097_13233579.jpg

「イルミナンス(照度)」と名付けられた撮り下ろしの新作は、日米共同出版。作品集が5カ国で同時刊行されるというのが、写真家の注目度を示している。木村伊兵衛賞を受けたデビュー作『うたたね』から約10年。日々の断片を撮っているのも、中判カメラを使う正方形の画面も変わらないけど、視線はますます冴える。
 一枚一枚を眺めても画力はさすがの一言だし、写真の並べ方も絶妙で、文章でいうところの豊潤な“行間”を生み出している。「美しさ」と「はかなさ」にまつわる、言葉がないゆえに味わい深い物語。


今週24日(金)からは、出版を記念し、FOIL GALLERYにて展示が始まります。
今週26日(日)には、本書の刊行を記念して青山ブックセンター本店にて、
映画監督の是枝裕和さんとトークショー
も。(※定員に達ししたため予約は締めきらせて頂きました)

『うたたね』『花火』『花子』三部作で衝撃のデビューから10年。
その世界観を新たな高みへと昇華させた渾身の一冊、ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。
[PR]
by foiltokyo | 2011-06-23 13:52 | パブリシティ

Facade@日経新聞

世界各地の建物の外壁や工事中のカバーに描かれた
本物そっくりの絵が実際の風景と混ざり合い、まるでトリックアートのように、見る者の目を欺く。
好評発売中のハン・スンピル写真集『Facade』が、5月22日の日経新聞書評にて紹介されました。
b0170097_18175920.jpg


超現実で知られるマグリットの絵が町に出現したかのような一枚。
世界各地の建物の外壁や工事中のカバーなどに描かれた“だまし絵”の写真集だ。
アパートの断面図が描かれたり、あるはずのない森や階段が現れたり、発想も技術もかなりレベルが高い。
目を凝らしても実景と虚構の境が分からないものもあった。
撮影地が記されていないので、絵を眺めつつ、お国柄を想像するのも楽しい。


ハン・スンピルさんは、8月に開催される横浜トリエンナーレ2011にも出品されます。
ぜひこの機会に手に取ってご覧ください!
[PR]
by foiltokyo | 2011-06-01 18:18 | パブリシティ